イージー経理
個人の税金問題解決サイト〜プロがお応えします〜
「普通の写真じゃわからない!FlexViewはリアルに商品を3Dで表現します」

Google
トップ 税金相談 経理・税金知識 お役立ち 読み物 加盟税理士・他

税金相談室


※初めての方は、ヘルプをお読みのうえ投稿してください。

  このたび訳あって退職することになりました。2001/2/6
勤続年数は1年ですが、希望退職制度もあって退職金は1500万円になります。この場合、確定申告した方が有利なんでしょうか?源泉額はざっと200万弱になると思っています。年収は800万程度、退職後も給与所得者を続けるつもりです。以上よろしくお願いします。

  回答者: 2001/2/17
勤続年数1年、退職金1500万円という条件だけで判断すると、所得税は113万円になります。
退職金にかかる税金は、通常は退職時に会社で天引きされますので、申告の必要はありません。
但し、場合によっては申告をすることにより有利になることもあります。

@定率減税の適用
退職金に対しても、定率減税は適用されます。
給与所得と退職所得の両方に対して、合計で上限25万円までは減税されます。
退職金については適用前の可能性が大ですので、申告をすることにより、
税金が戻ってくる可能性があります。

A中途退社の場合、給与に対する精算は完了していません。
確定申告することにより、税金が戻ってきます。



カテゴリトップに戻る⇒

EZ経理